2021年3月26日金曜日

中3土曜講座 4月10日開講

中1・中2の理社の総復習から中3内容の入試問題演習まで、確かな知識と入試での得点力を養成するシグマゼミの『中3土曜講座』
今年は4月10日にスタート、ネットでの視聴も可能です。


新中3のみなさんへ

シグマゼミでは「中1・中2内容に不安がある人のための、中3から始められる最大限の入試対策」を、4月から行っています。

英語・数学については、学年が上がっていくにつれて前学年の内容を上塗りしながら進んでいくため、ひとつひとつの内容を丁寧に進めていけば、自然と前学年の復習を行いつつ新規の内容を学んでいくことになります。
しかし、理科・社会については、例えば中1の最初に扱った『光や音』の内容や『世界地理』、『古代の歴史』などは、そのときに1度習ったきりで入試直前期まで学校で触れられることはありません。
それを「入試があるから!」とは言え、すべて自力で勉強しなおすというのは、大半の中学生にとってはなかなか酷な作業といえます。


多くのみなさんが『受験勉強=問題演習』と捉えていると思います。
しかし、中3のある程度の学習意欲や緊張感がある時期に習った内容はいいとしても、中1・中2の、おそらく部活や遊びが中心の時期に習ったはずの内容についてはどうでしょう?
1年半前に習ったきりにしている範囲の問題を今見て、「あぁ、これはこういうことか!」と思えるでしょうか?
どこかできちんとしたやり直しをしなければ、「苦手分野は苦手なまま、ごまかしつつ推移する」というのが一般的な流れではないでしょうか。

そこで、多くの子が軽くしか学んできていないであろう中1・中2の学習内容を一旦きちんと組み直し、入試に対応できるものにしていこうというのがシグマゼミの『土曜講座』です。

進行予定

7月までの期間、理科は中3内容の『遺伝』に繋がる生物分野、『イオン』に繋がる化学分野を中心に組んでいます。
数学も、中3の『2次関数』に入る前に中1・2の関数分野を、『相似』に入る前に中1・中2の図形分野の復習を終わらせることを目標にしています。
また、中3生は、9月~11月に、『総合ABC』と呼ばれる学力テストを学校で受けることになりますので、その出題範囲に合わせて、そこまでに歴史・地理、理科の各分野をカバーしていく予定を組んでいます。

つまり、「夏休みまでに歴史を1週終わらせておけば、総合Aで歴史分野の定着度について確認でき、その不足分をBまでに補って再びチェックし、Cまでには完成させられる」ということになります。 
多くの中学生が総合ABCの結果を受けてから中1・2内容の本格的な受験勉強を始める中、そこを完成の目処に使ってしまおうというわけです。

主な内容(2021年予定)
4月理『細胞/遺伝(1~2年)』 社『歴史:古代』
5月理『原子分子/イオン(2~3年)』 社『歴史:中世』
6月理『物質の性質(1年)』 社『歴史:近世』
7月理『植物/動物(1~2年)』 社『歴史:近代』 
夏期講座理『光/音/力(1年)』 社『世界地理/日本地理』
国英『長文読解』 数学『計算 方程式 関数 統計』
8月理『電気(2年)』 『天気(2年)』
9月理『地層・地震(1年)』 数『平面図形・空間図形(1年)』
10月数『論証(2年)』 理『エネルギー(3年)』
11月数『相似(3年)』 国英『長文読解』
12月数『円(3年)』 理『天体(3年)』 英『間接疑問文・関係代名詞(3年)』
冬期講座各科目『総合演習』
1月数『三平方の定理(3年)』 理『食物連鎖(3年)』
2月国数英『総合演習』 模試演習

これまでのシグマゼミ卒業生を見ると「内申の割に当日の点が高い(F~Eランクから石狩南、Dランクから手稲、Cランクから札幌西など)」という場合がありました。
それは、「1・2年内容からきちんとやり直してるから、できてなかったところができるようになり、あたりまえに点が増えた」というだけの話です。
多くの塾では「中1・中2でやったから大丈夫でしょ?」という話で進めるようですが、シグマゼミでは「ほぼできていない」という前提で、教科書の初歩レベルから整理し直していきます。
だから、中1・中2までの内容に不安がある方にこそ、オススメです。

参加される場合は

中3土曜講座は、4~7月は19:00~21:30、夏期講座以降は9:30~12:30の時間で行います。
また、授業内容をそのまま収録し、その日のうちにネットへアップロードしますので、教室へは来れない方も動画で受講が可能です

土曜講座の各月の受講料は7,000円(土曜講座のみの受講者は10,000円)です。

上記の通り、理科・地理・歴史・数学の全内容を教科書レベルから丁寧に解説し直しますから、「中3からのやり直し」の機会としては、おそらく随一の内容を誇ると思います。
 「上位校を目指したいが内申に不安がある。」
 「1・2年生で手を抜いてきた分をどうにか取り返したい。」
そういった「確実な得点力を付けたい!」という中3生に、ぜひ検討いただければと思います。


お問い合わせ


ご相談いつでも承ります

学習空間シグマゼミ
札幌市北区新川6条14丁目7-22フィオビル
(011) 792-0490
平日: 午後4時~午後10時
  土曜:午後1時~午後8時
sigmaseminar@gmail.com twitter:sigma_seminar skype:sigmaseminar