高1保護者 進路説明会

4月29日(土・昭和の日)夜19時から『高1保護者対象の進路説明会』を行います。

「入試が終わり、入学して授業が始まったばかりなのに、もう進路の話?」と言われそうですが、周辺の公立高校の動きを見ると、例年6月辺りにはすでに2年生の教科選択の予備調査に入る学校が多いようです。
(生徒からの報告を聞く限り、「予備調査」と言いつつ、希望人数によって開講するかどうかを含めてほぼ確定するため、その後の変更はなかなか難しいようです。)

進路に対してさほど情報が与えられておらず、あまり真剣に考える機会や時間がそんなにあったわけでもないのに、早くも進路につながる科目選択をする?
2・3年進級後に自分の進路を真剣に考えるようになって「選択している授業と志望先の受験科目が合わない」と言っても、決定してしまった授業の選択を変更することはまず不可能です。
そういった失敗をしないためには、文理選択や科目選択の考え方を"その前"までに知っておき、情報不足の中でも、自分の未来について多少なり考えておく必要があります

「自分の進みたい道を挙げてみた時、そこまでに必要になる学問やスキルは把握できていますか?」
「大学入試は学校・学部・学科の募集単位ごとに募集の方法も試験科目も大幅に違っていますが、目指す場所でどのような入り口を用意しているか把握できていますか?」
「国立大学を目指す場合は完成させなければならない科目数が多くなりますが、それがどの程度の負担で、どういったレベルで勉強していれば実現可能か把握できていますか?」
そして、「そういった進路に関する情報を自分で収集し判断しなければならないとなった時、その手段を把握できていますか?」

多くの高1生がこの時期にはまだあまり考えていないであろう話題をピックアップして、文系/理系・科目選択の際のミスマッチを少しでも減らすことができたら、と思っています。
【予定している内容】
 ・高校からの進路選択の概要
 ・学部・学科の選択
 ・入試方式あれこれ
 ・センター試験とは
 ・高校のカリキュラムと大学入試
 ・大学入試に向けての学習
 ・高1ですべきこと

説明会の定員は10名ほどです。
塾外の方のご参加は、参加料として1,000円をいただきます
電話やメールなどでの営業活動は参加後にも特にしておりませんので、現段階では塾通いを考えていない方、他塾へ通っている方でもお気軽にどうぞ。

参加人数の確認をしたいので、お申し込みは4月25日までに下記の『参加申し込みフォーム』でお願いします。

時期が進んでから「時間があったあの頃にこんな準備をしておけば」という言葉をこれまでにも多く聞いてきました。
後悔の言葉を身近で聞かなくて済むよう、選択が差し迫る前に知識をつけ、心構えだけでもしておくことには、大きな意味があると思います。

お申し込みお待ちしております。