生徒さんからの声

現在シグマゼミを利用いただいている生徒さんおよびご家族の方に「シグマゼミのどこが気に入っているか」を書いていただきました。    


「PR用に」とお願いしているため、当然ポジティブな内容ばかりで、公開する側としては正直気恥ずかしいのですが、実際の教室や指導の雰囲気をお伝えするには通ってくださる方の声が一番かと思います。
頂いたメッセージを一部の表現を修正した以外ほぼそのまま掲載しますので、ご参考にどうぞ。

花川南中 中学3年生より →2015年に北高に合格

【生徒さんより】
シグマゼミでは問題の解き方はもちろんですが、なぜそうなるのかという考え方を丁寧に教えてくれます。 そういった指導のおかげで私はどの教科においても答えの根拠を考える癖が付き、楽しんで学ぶことができています。
また、回数や時間の制限がなく、自分の都合やコンディションに合わせることが出来るため、効率のよい学習が行えます。

【お母さんより】
中学入学の直前から通塾しています。
時間や曜日に縛られることなく本人が納得できるまでとことん指導していただけます。 この3年間で、高みを目指し自主的に「学びたい!」という気持ちが養われました。
シグマゼミの特徴は目先の「覚えるだけ!」ではなく、志望校合格+その先で高度な内容を学ぶのに必要な「展開できる力」を身につけられるよう指導しているようです。
なにより、指導者として常に探求している姿に深く信頼感を抱いています。
塾から車で15分ほどの離れたところからなのですが、中1の頃から、教室を開けている日はほぼ毎日通ってきてくれています。
毎日来ていると言っても決してガリ勉タイプではなく、集中してやる時はやる、力を抜くときはしっかり抜く、わからない部分・気になる箇所は徹底してこだわるという感じ。その結果が、道コンSS70オーバー、成績優秀者の常連、校内学年1位を3年間継続という好成績で卒業し、現在でも北高の上位50位以内を維持しています。
なので、好奇心に応えるだけのものをしっかり用意すること自体が、実は私の指導目標の設定ラインだったりもします。今後も、その期待に応えられるだけの勉強を私がしなければなりませんね。。。

手稲区 中学2年生より

【生徒さんより】
シグマゼミに入塾して、勉強をすることが苦ではなくなりました。なぜなら、理解できずに嫌になることがないからです。
シグマゼミでは「理解のできないところ」や「疑問に思うこと」を、先生の広い知識で「理解できる。」「面白い。」に変えられるからです。
これにより私は入塾する前は「大嫌い。」と思っていた教科も、「面白い。大好き。」に変えることができました。 これからも「もっと自分を変えていきたい!」と思っています。

【お母さんより】
娘が中1の時、週7日の部活と新しい中学生活が大変で勉強は体力的にキツく後回し。1日をこなすのがやっとで勉強する時間も気力もありませんでした。
宿題を大量に処理して成績を上げる塾←近所にもありますが… 学びを強いられて成績を伸ばすよりも、良い指導者がいて“学びたいから行きたい!”と思える塾が娘には必要でした。
入塾して一年がたった中2の今も、週7日の部活を継続中ですが、自分から塾に行きたがります。そして塾から帰ってきてはスッキリした様子で習った内容を楽しそうに教えてくれます。
先生のご指導で、理解が深まり合点がいくので学習への意欲が高くなりました。時間も効率的に使えるようになり合間を見つけて勉強するようになりました。 他校、異学年、高校生たちの勉強に取組む背中(姿勢)…に刺激が受けられる所もシグマゼミの良いところだと思います。
日々部活で追われている中、合間を縫って勉強しに来てくれています。 好奇心にあふれており勉強熱心な子なので、そもそも勉強すること自体が好きだったのだと思うのですが、そんなに変わったんですね。
勉強する上では「もっと知りたい」と思うことが何よりも重要だと思うので、今後も良い刺激を提供することができればと思います。

光陽中 中学2年生より

【生徒さんより】
いつでも好きな時間に行くことができ、何時間でも勉強できるところが気に入っています。 自分のペースで進めることができるので、苦手な分野の学習にも時間をかけられます。
学年や学校が違う人からも話を聞けるので、とても楽しく通塾しています。

【お母さんより】
"自分から勉強する姿勢"の身につく塾・・・大人になってからも大切なことだと思います。
家庭教師のようなマンツーマンではなく、自分の聞きたいところを質問できる点、集団の塾とは違って自分の学力に合わせて学べる点、この両方をクリアしているのが最大の魅力です。
講師の教育経験の豊富さゆえの、英文の長文読解や数学の難問、理科・社会の発展問題を通して、自分からもっと勉強したいと思わせる工夫が随所に散りばめられた指導に感謝しております。
この生徒さんは英文も計算も処理がとても速いので、「自分のペースで」と言っても多くの子よりは数段早く終わらせてしまい、早く進めた分は内容を深めにしています。
「先生、こんなの定期試験に出るんですか?」→「いや、入試にも出ないんじゃない?」というやりとりもザラ。 それでもそのレベルの問題を解かせるのは、ある程度の理解度に達した子であれば、少しでも上のレベルで調整しておいた方が理解がより進み、どんなレベルで勉強することになっても有利に働くからです。
そこをきちんと評価してもらえているのは非常にありがたいことです。

新琴似北中 中学3年生より →2015年に北陵高に合格

【生徒さんより】
シグマゼミは他の塾と違って宿題がなく、好きな日に好きな時間、好きな教科を勉強できることが特色だと思います。
ときどき、勉強とは関係ない話題で盛り上がったりもしますが、話が終わるとすぐにみんな集中して静かになるので、すごく勉強しやすいです。
ズバズバと指摘してくれる中学には居ないタイプの先生だと思うので「学校じゃ物足りない」「もっと上のランクを目指したい」って人にオススメです。

【お母さんより】
内申点が取れず、進学する意思もわかない状態でしたが、進路だけでなく、思春期特有の不安定な部分にも相談に乗っていただきました。
子供にとって、現実をはっきり冷静に伝えて教えてくださる、そして好奇心を引き出し一段二段上へ引っ張りあげてくださる指導です。
内申点では見てもらえない実力がきっちりつき、びっくりするほどSSが上がった理由は、湧きでた好奇心を「自主的に学習する楽しさ」に導いてもらえたからだと思います。
中3の夏、気持ち的な不安定からサボりぐせがついたことがあり、気持ちを切り替えて勉強を続け受験に向かうか、そうでもなければいっそ全てやめてしまう方がいいのではないのかと、かなりキツイ面談を繰り返しました。
逃避したい気持ちに対して厳しい現実を徹底して指摘するのはある意味でギャンブルなのですが、彼の場合はそこからの切り替えと立ち直りが素晴らしかった。
おそらくご家庭ではもっと深刻な話し合いが継続してなされていたことでしょう。 私のする指摘や助言などはあくまできっかけ作りでしかないので、その小さなきっかけを上手に使っていただいた結果の切り替えだったと思います。

新川西中 中学3年生より →2015年に新川高に合格

【生徒さんより】
家から近いため通いやすく、先生ともとても話しやすいので充実して過ごすことが出来ます。
わからないところがあったら理解できるまで丁寧に教えてくださるので、学力向上に繋がると思います。
塾内では静かなため集中しやすく、雑談するときは楽しく話したりなど、とても快適です。

【お母さんより】
家から近いというのが子供に勧めた理由の1つではありますが、教室が開いていれば自由に好きな時間利用できるという点が良いと思います。
ただ、"自由に"というのは本人の学力UPへの強い想いがないと、つい自分に甘くなり足が遠のくものだということもわかりました。
自宅ではいろいろ誘惑があるので、集中できる部屋で自分のペースで勉強でき、わからなければ丁寧に指導してくれる先生がいつも居てくれるという、とても恵まれた環境だと思っています。
中学1年からの生徒さんで、当時からよく出来る方だったのですが、中2の中頃に気持ちが離れ教室へ足が向かなくなったため、一旦教室を去っています。
その時に「そこまで出来ているのに、遊びやできる事だけで時間を浪費して才能を潰すのはもったいない」と伝えていたのですが、そこから1年後、他にも塾に通っている中で「もっと勉強したい」と戻ってきてくれました。
こうした気持ちの変化があった時に再び選んでもらえるというのは、とても嬉しいことです。

花川南中 中学3年生より →2015年に手稲高に合格

【生徒さんより】
シグマゼミは自分のペースで勉強ができます。
日にちや曜日などの縛りがなく、自分の集中できる時、ヤル気があるときに取り組むことができるので、たくさんの事を得ることが出来る。 それがシグマゼミの良い所だと思います。

【お母さんより】
ともかく、子供にとっては楽しい場所だったようです。
先生と趣味が同じだったこともあり、勉強よりそちらの話ばかりしているのでは?と少々不安な面もありましたがー
好きな時間に勉強したいだけ出来るという環境は、他の塾ではないと聞きました。
こちらでお世話になり、向上心も高めていただき、ただただ親として感謝に尽きます。
よく話す生徒とは、勉強に関わる話はもちろんですが、パソコンの話、ネットの話、映画の話、政治の話、人生観の話まで、硬い話題から軽いものまで、さまざまな話をしています。
場合によってはネットで画像や動画を探して見せることも。
指導の前後や合間に気晴らしも兼ねて他愛もない話をするわけですが、趣味に合わせて軽い笑い話ばかりをするのではなく、あくまでも教養的な意味で、少しでも関心の幅が広がればいいなと思っています。


通っているみなさんからこのようなコメントを快く書いていただけること自体が塾としては非常にありがたいことです。期待を裏切らないよう、私自身が一層頑張らなくてはなりません。