初めての方へ

学習空間シグマゼミに関心を持っていただき、ありがとうございます。    

当塾は、私が私立中高や学習塾で教員や講師としての指導を続けてきた中で「自分の指導は生徒の成長に本当の意味で役に立っているだろうか?」と疑問を持ったところに端を発しました。 お預けいただいた生徒さんの成績を上げるために事細かに分かりやすい授業を展開することはもちろん大切ですが、しかし、それは目の前の問題を解いてみせただけで<生徒自身が自分の力で未知の問題に向かう力を育てること>とは別ではないかと思ったのです。

過去10年以上の教員・講師の経験でいろいろな学力層の個性豊かな生徒さんを預かりましたが、伸びていった生徒さんを思い返すと、授業に高い関心を持って参加したうえで、自分で課題を探し、調べ、解決し、整理し、身につける能力を持っていたように思います。 それは誰かに言われてすぐに出来るようになるものではなく、おそらく生活の一部として長い時間かけて学習習慣を身につけてきた成果ではないでしょうか。

基本的な学習習慣から育て自立した学習能力を身に付けさせることは、非常に時間のかかる作業であり、なかなかすぐに結果には直結しないかと思います。 しかし、市中の大半の学習塾がプリント教材や過去問演習の徹底という即効性の薬ばかりを処方する中にあって、じっくりと体質改善をはかる本来の意味での学習のための空間を用意しておくということ自体には、大きな意義があると信じています。

 『小さな努力も毎日続けていけば大きな成果になる』 そう信じて一人一人の生徒さんが自分なりの方法を見つけて自ら成長していく姿をしっかり見守り、適切な処方を提案し支えていきたいと思いますので、どうぞ、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2011年3月  学習空間シグマゼミ 代表